top.jpg

MARINO

SATO

ABOUT ME

Marino Sato

​レーシングドライバー

佐藤万璃音は神奈川県出身1999年生まれ。今年20歳のレーシングドライバー。中学卒業後から単身渡欧。ヨーロッパを舞台にステップアップし、2015~16年はイタリアF4に参戦。2017年からはヨーロピアンF3に参戦し、2018年は最高位4位を得るなど活躍をみせた。マカオでのFIAF3ワールドカップでも結果こそ残らなかったが、日本人最高位を走る戦いを見せている。2018年12月には、自分のレース人生の財産とするためにアブダビで開催されたF2のポストシーズンテストに参加した。
コメント「F2だからといって特別意識することはなかった。印象的だったのはF3に比べてブレーキがよく効くこと。エンジンパワーは想定内だったが、ターボグラフの対処が少し難しい。ハロはあまり気にならない。ステアリングはF3よりも軽く、体力的にも全く問題ない。でもクルマの持つパフォーマンスを十分に引き出せなかった。3日間を通し、早く走れなかったという経験をし、現実をつきつけられたが成長することができた。自分の方がGP2、F2経験者よりも乗れているコーナーがあり、決して悪くない3日間だった。」・・・2019年の活躍も随時更新していきます。

 
 

​© marino sato