top2.jpg

MARINO

SATO

ABOUT ME

Marino Sato

​レーシングドライバー

佐藤万璃音は神奈川県出身1999年生まれ。今年21歳のレーシングドライバー。中学卒業後から単身渡欧。ヨーロッパを舞台にステップアップし、2015~16年はイタリアF4に参戦。2017年からはヨーロピアンF3に参戦し、2018年は最高位4位。マカオでのFIAF3ワールドカップでも、日本人最高位を走る戦いを見せている。そして同年12月にはアブダビで開催されたF2テストにも参加。その経験を生かし、2019年にはユーロフォーミュラ・オープン選手権に参戦し、16戦9勝、6度のポールポジション、5度のファステストラップで合計11回の表彰台を獲得するという、圧倒的な速さと強さを見せてチャンピオンを獲得。日本人としては小林可夢偉に続く17年ぶりの欧州ミドルフォーミュラでのタイトル獲得で注目を集め、シーズン終盤にカンポス・レーシングチームからF2へスポット参戦。ベルギー、スパ・フランコルシャンでのデビュー戦では目の前でひとりのドライバーが亡くなる多重衝突事故が発生。その衝撃的な出来事を乗り越え、2020年はトライデント・レーシングチームからF2にフル参戦。12月中旬にアブダビにて開催されるF1ルーキーテストにアルファタウリから参加する。

 
 

​© marino sato